筑波大学大学院に留学したミャンマー人の日本滞在体験記

日本政府から奨学金をもらって留学する前、一番の問題は勉強・研究のことだけでした。しかし実際に日本の日常生活が始まると、ミャンマー人として勉強以外にも問題がたくさんありました。

目次

1.日本人のおじぎとあいさつ

2.自宅訪問

3.日本の味付け

4.まとめ

1.日本人のおじぎとあいさつ

日本では朝には『おはようございます』、昼には『こんにちは』、夜には『こんばんは』とあいさつします。私は日本人のまねをして、挨拶のときは頭をちょっと下げて「こんにちは」と挨拶するようにしました。朝会って『おはようございます』とあいさつした人に、また昼に会ったら『こんにちは』とあいさつするのですが、フィリピンからの留学生は友達にはニコッと笑えば言葉で挨拶をしなくてもいいといいました。別のアメリカからの留学生も頭を下げず、言葉も言わないでニコッとするだけです。どうして頭を下げないのかと聞いたら、頭は下げなくてもニコッとすればいいのだと答えました。その人の国はそれでいいようです。アメリカでは知らない人同士でも目が合うとニコッと笑うそうです。実はミャンマーでも挨拶の時は頭を下げず、笑顔だけで大丈夫です。

でも、日本人はよく頭を下げます。人を見送るとき、その人はもう見ていないのに、頭を下げていることもあります。電話で相手が見えなくても頭を下げます。びっくりします。こんなびっくりしたこともあります。あるとき日本の男子校の高校を見学した時、生徒たちが先生たちに会うたびにとても大きな声で挨拶するのです。そんなに遠くないところから大声で挨拶するのはちょっと変だとおもいました。大勢の男子が大声で「こんにちは」と叫ぶとちょっと怖い気がします。ミャンマーでは大声で挨拶するのは乱暴で悪いイメージなのです。なんでも、日本は小学校の時から先生には大声で挨拶するよう教えていると聞きました。どうして大きな声であいさつをしなくてはならないのでしょうね?小さな声であいさつをすると挨拶しているのかどうかわからないので先生に失礼になるからでしょうか?小学生も中高生も日本では礼儀正しい日本式挨拶を訓練されていると思います。日本ではニコッと笑うより、頭を下げて声にだして挨拶するのが正しいようです。逆に日本で知らないひとにニコッとすると驚かれます。

2.自宅訪問

         私が留学中に日本人の家に招待された事は一度もなかったです。筑波大学の周りの地方の人はそういう人なのかと思いましたが、日本のどこでもあまり人を家に呼ばないようです。外国人を呼ばないのではなく、人をあまり家に入れないようです。あるミャンマー人留学生が筑波大学に入学し部屋を探しに行ったときのことです。下見にいったアパートの前でばったり知り合いの日本人学生にあいました。彼女は「私もここにすんでいるのよ」といいました。でも、「部屋にはいって下さい」と誘わなかったそうです。日本人は冷たいとおもいました。日本人の家に招待された留学生は私のまわりにはほとんどいませんでした。

         ミャンマーでは、自分の家の近くで知り合いに会ったら「私はこの辺に住んでいるから、家に来て下さい」といいます。突然で、茶菓子などの用意がなくても、家にいれてお水を出します。立派な家に住んでいなくても、狭い家でも、「寄っていきなさいよ!」と気軽に人を家に入れます。

 

建物, レンガ, 時計, アパート が含まれている画像

自動的に生成された説明

3.日本の味付け

         日本に来た最初の二カ月ぐらいは日本の食事は全然食べられませんでした。味がないと思いました。ほかのミャンマー人たちに日本の食事はどうですかと聞いたら、来たばかりの時は私と同じで、食べられなかったそうですが、みんなだんだん食べられるようになったといいました。私もそうでした。

Macintosh HD:Users:aunghtet:Desktop:62114876_473378386748432_5141303473693786112_n.jpg

日本の食事はとてもおいしいと多くの外国人旅行者が言います。でも留学生は毎日寿司やてんぷらを食べるわけではなく一般的な食べ物、特に学食の定食は普通の日本人が家で食べるような食事です。その味付けにはなかなか慣れることができませんでした。

ミャンマー料理は酸っぱい、塩辛い、辛いという三つの味があり、パンチがきいています。日本の味付けは辛くないし、健康のために減塩ですし、あまり激しく酸っぱいものもない、一番感じる味は甘い味です。ミャンマーの味付けはわかりやすい一方、日本の味付けに慣れるのに時間がかかったのは、たぶん子供のころからこの味付けのものを食べていない外国人には、わかりにくい複雑な味だからなのだと思います。

4.まとめ

         日本人は礼儀正しく、丁寧なあいさつをします。みんなだいたい親切だけど、お互いの距離がすごく遠い国だと思います。仲よくしてくれるのに分かりにくいこの複雑な関係は、日本の食事の味付けのようなものです。

著者 テッテアウン