ERP(経営資源の効率化)ファーストフードレストランの成功例

バーレンのManamaにあるインド料理ファーストフードレストラン「フードクラブ」は、現在および将来事業を成長させるために、新しいシステムを必要としていました。同社は過去数年間に大きな成長を遂げており、生産能力を向上するために行った設備投資にみあう、既存のエンタープライズアプリケーションの代替を模索していました

フードクラブは、労務・財務・調達・情報などの経営資源をひとつの包括的な情報システムに統合(インテグレーション)する ERPシステムが必要でした。データをリアルタイムに利用できるようにして、従業員はより多くの情報を得、経営者は迅速なビジネス上の意思決定を行う必要がありました。

そこでインドのチームは、低コストで高いパフォーマンスを達成するためのソリューションを提供しました。業界サービス、消費者のニーズに合わせて考案された、業界に特化した柔軟な ERPソフトウェアを提供しました。

既存の問題点

顧客の需要を管理し、製品とシステムの品質を維持しなくてはならない

従業員が日常の業務を管理し、使いやすさが優れていなくてはならない

課題は、仕事の流れを簡単に追跡し、顧客とスタッフの接点を改善し、売り上げをあげること

さらに重要な課題は、人手のかかる複雑な手順を排除し、ミニマムコストを維持しながら優れたサービスを提供する柔軟なシステムを構築すること

また増え続ける顧客のデータを生かすソリューション、ビジネスを管理するのに役立つソリューションを導入すること

使ったテクノロジー

  • HTML
  • CSS
  • Spring
  • Hibernate

提案した解決方法

  • フードクラブにカスタマイズした業界特化型ソリューション
  • フードクラブの経営陣がデータと情報に基づいた意思決定を下せるように、わかりやすいレポートと事業予測ツールを提供
  • ビジネスニーズに合わせて拡張可能、統合された拡張性の高いソリューションを備えた単一のアプリケーションを開発
  • スタッフの業務をリアルタイムで把握
  • 在庫、注文、品質管理、購入、財務および会計のすべてを統合
  • 顧客サービス、会計、発注、納品プロセスなどスピーディーに統合するソフトウェアを開発

結果

  • スタッフの仕事の流れとプロセスが改善
  • 設定した目標ごとのリアルタイムなレポートや追跡が可能に
  • 売り上げ向上と注文顧客とのネットワークを拡大し、プロセスを自動化・合理化
  • 生産・品質管理の生産性向上

焦点

主な焦点は、プロセスを自動化し、合理化することでした。

ターゲット

日常的にインターネットで情報収集するITリテラシーのある人々

結論

管理業務作業の時間を劇的に短縮

紙ベースの作業をなくす

社内情報の共有化で仕事を見える化

レポートや顧客データの活用でビジネスチャンスを創造

フードクラブは本業に集中し、事業をさらに成長へと導きました

Call Us