会社の住所が変更されました。〒100-0006 東京都千代田区有楽町2-10-1  東京交通会館8F ♯813(イセ食品内)

筑波大学大学院に留学したミャンマー人の日本滞在体験記

ミャンマーと異なる日本の習慣

ミャンマーと異なる日本の習慣

                 日本とミャンマーは同じアジアの国なのに文化がかなり違う場合があります。日本とミャンマーの習慣が真逆だと思ったことを紹介します。

目次

1.食べ方

2.入れ墨

3.まとめ

1.食べ方

               日本では食事をするとき音を出してたべてもいいことがあります。音を立ててそばを食べるとおいしそうだと、大学の日本語クラスで教わりました。それを聞いた時は、ぎょっとしました。音を出ててものをたべるのは悪いマナーなので呆れてしまいました。私は子供の時、お祖父さんによく食べ方をしかられました。特にたべる時音を出してはいけないと。だから、若い時から食事をするときはいつも音を出さないように注意しました。周りに音をたててたべているひとがいたら、とてもいやな気がします。外国人材紹介、jobs for foreigners in japan, 特定技能

               現在、日本でも世界でも食事をしながらビジネスのはなしをするようになりました。でも子供のころには ミャンマーでは食事をする時のおしゃべりはだめだといわれました。その理由は分からなかったけれど大人がそう言うのですから、従いました。

           日本人は食事中に話をしても怒られないので、特に家族がいろいろなことを話しながら仲良く食事をしてそちらの方がいいと思いました。日本では花見でもパーティーでも飲み会を飲んだり食べたりしながらお互い親しく、仲良くなるお話をすると思います。近頃はミャンマーでも食事しながらビジネスの話をするようになってきました。

           ご飯を食べるとき日本では何にも残さないように食べます。食べ物を残すのはもったないと思いますのでご飯を残さずにたべる、これはいいことです。初めて日本人と一緒に食事をしたときには、注意して何にも残さないようにたべました。でも私は気持ちが悪くなりました。なぜならば、子供の時から食事は全部食べてはいけない、ちょっと残しなさい、ご飯を残さないと乏しい人になるといわれていましたから。理由は分かりませんが、ミャンマーの習慣はちょっと残すのがいいことなのです。でもこれも最近はミャンマーでも日本人のように全部きれいに食べるようになりました。それが正しいと思うようになったからです。

2.入れ墨

            外国人材紹介、jobs for foreigners in japan, 特定技能ミャンマー人は入れ墨を入れる習慣があるので、日本に行って働きたい人の中では問題になっています。日本の会社は入れ墨があるひとは雇わないのです。昔からミャンマーでは男なら入れ墨を入れる、勇気がある男たちなら足の腿に入れ墨を入れます。ですから入れ墨がないミャンマー人男性はめずらしかったのです。今でも入れ墨を入れる男性は多いです。女性も入れ墨は好きで、自分でも入れ墨を入れている女性も多いです。高校生のときから入れ墨を入れる人もいます。全身に入れ墨を入れる人もいますが、私は好みではありません。入れ墨は消すのが難しいので入れないほうがいいと個人的には思うのですが。ですから入れ墨の人は多いので、生活のために日本で働きたいと思う人たちは入れ墨を問題にされてとても困ります。

3.まとめ

                   子供の時大人がしてはいけないと言ったら、子供はなぜと質問してはならず、言われたとおりにしました。どうしてときいたら怒られるとおもっていました。今になるとミャンマーの習慣でも理由がわからないし変だと思うことがおおいです。大人になったので、日本の習慣も観察して正しいと思うことをするようになりました。

著者 テッテアウン