病院のデジタル化で「待たない病院」「人手を減らした経営」へ

病院の課題

  • 診療受付で番号札をとってから待たされる
  • 初心受付の際に患者情報、診察科目、体の具合などを紙に記入する
  • 会計計算に時間がかかり支払いまで待たされる
  • 処方薬を受け取るのに待たされる
  • 病院スタッフが多いわりに効率が悪い

インドチームの提案する解決

病院のデジタル化は、医療事務、病院スタッフの人事・給与・労務管理、診察料計算、医療保険請求、院内調達のような業務効率化のためのものから、患者利用者の利便性を高めるためのものなど多岐にわたります。大がかりなシステム構築には大きな投資が予想されます。

インドチームのアプローチはハードウエアを購入せず、携帯などから使えるアプリで患者利用者の利便性を高め、顧客満足を高めるところから始めます。

患者予約アプリ:ウエブサイトの予約アプリから診察を受ける日時、科目、医師を選択。病気の状態も入力すれば紙に書く必要はなくなります。病院に着いた時には受付をせずに診察室へ直行することができます。

受け付けはAIによる顔認証技術で学校の出席管理を実現したノウハウを応用することも可能です。

さらに患者の電子カルテと会計・処方薬在庫ソフトウエアを統合、医師の処方箋をQRコード化し在庫からスピーディーな準備

が可能になります。患者は携帯のアプリからキャッシュレスで支払いを済ませるオプションを得ることでスピーチ―な支払いも可能になります。これらをデジタル化することで、待ち時間を減らし、そこに係る人手も減らすことができます。 

患者の満足度が上がれば、病院から患者離れを防ぐこともできるでしょう。インドオフショアでの開発は、低予算の投資で大きな成果を期待できるでしょう。 

Call Us