オフショアチームの成功例                       拡張現実AR – ロタナ ホテル

バーチャルリアリティーVR(仮想現実) に対してオーギュメンテドリアリティーAR(拡張現実)は 例えばスマートフォンを通して見た風景上に、その場所に関する情報が浮かびだすような、現実の環境に情報を付加する技術のことです。インドのチームはこの技術を使ってロタナホテルの問題を解決しました。

ARは、顧客が自分のスマートフォンを使って宿泊するホテルで利用可能なサービスを現実にそこにいるように見ることを可能にする技術です。この技術を導入した中東のロタナホテルは急成長しています。なぜならARで顧客が宿泊前にホテルの様子を体験できるので、ホテルと顧客の両方にメリットをもたらしたからです。

目的

  • 顧客の個々のニーズを理解し、宿泊客の満足度を高める
  • 宿泊客が24時間いつでもホテルの施設やサービスの内容がわかる情報を可視化する

課題

  • アプリをできるだけ簡単に、利用者に親しみやすいものする
  • 顧客の要求を迅速に把握確認アクションおこせるものにする

使ったテクノロジー

  • AngularJS
  • HTML
  • CSS
  • Android app and iOS app

解決方法

ロタナホテルの要望と期待することを理解したあと、インドチームは宿泊客でホテルの客室や施設の様子を見られ、かつロタナホテルが検索されやすいソリューションを提案しました。

それだけではなく、ホテルのスタッフの事務仕事も合理化し、経営者はマーケティング情報分析からより良い意思決定をすることができ、ホテルのサービスの品質と顧客満足度を確保できるようにしました。

使い勝手を良くするために、独特な設計と洗練されたデザインにし、効率的なパフォーマンスを提供するソフトウェアを作成しました。高度な拡張現実機能のARを取得するためのソフトウェアを最適化しました。

結果 

  1. 予約するホテルを検索中のユーザーはホテルの中をAR拡張現実ビューで歩き回ることが可能
  2. ユーザーが歩いた道筋を記憶する
  3. リアルタイムで信頼性の高い道案内(ナビゲーション)が可能

ターゲットにしたユーザー

ターゲットは旅行者でした。インタラクティブディスプレイで情報アクセスをしやすくしました。ユーザーはアプリを使ってホテルの設備ガイドツアーを体験するので、サイトの滞留時間が長くなり、ホテルは他のサービスを宣伝する新しい機会も増やせました。

結論

このアプリは、ユーザーが宿泊前にホテルのサービスべてを体験できるのでホテルに大きなメリットをもたらしました。顧客との強い関係を築くことになり一元さんが常連客になりました。宿泊客にはホテルに来て宿泊することが楽しみになる柔軟な情報を提供することになりました .

コメントは受け付けていません。